MACアドレスとは?【初心者にもわかりやすく解説】〜知らずに大恥かいた話〜

IT用語
スポンサーリンク

ある日、未経験からIT企業に転職して1年目のはるすと君は、仕事の関係で、社外から貸与されたWindowsのノートパソコンを会社のネットワークに繋いで使用する必要があったため、情報システム部門に許可をとりにいきました。

はるすと
はるすと

このパソコンを会社で使いたいんです。

わかりました。では、MACアドレスを教えてください。

はるすと
はるすと

あの、これWindowsなんですが・・・

いや、そうじゃなくて(笑)

イーサネットの方(笑)

はるすと
はるすと

・・・・・???

瞬時に、「あ、これはOSが何であろうとパソコンに割り振られるものでOSのMacとは別物なんだな」ということを察知した私は穴があったら入りたいほどの恥ずかしさを感じました。

同じように「???」と思ったあなた!!あなたは運が良い!もう大丈夫です!

この記事を読んで私と同じ恥ずかしめに遭わないようにしてください!!

 



MACアドレス(Media Access Control address)とは

MACアドレスとは、Media Access Control addressの略で、

ネットワーク機器に一意に与えられる、ネットワーク上の住所

です。イーサネットアドレスとも言います。なんと、あのりんごのマークとは全くの別物です!!私が解説するまでもなく、調べれば他にもたくさんの記事で知ることができます。例えば、

  • ざっくり知りたい方はこちらの記事:わわわIT用語辞典←大ファンです。
  • 詳しく知りたい方はこちらの記事:CMAN←この解説には勝てません

具体的には、16進数(0~F)の12桁(01-23-45-67-89-ABまたは01:23:45:67:89:ABの形式)で表現されており、Windowsでは「物理アドレス」として調べることができます。

はるすと
はるすと

Windowsの「コマンドプロンプト」で調べる方法であれば、バージョンが何だろうと(Windows7だろうと10だろうと)、同じ方法で確認できると思います。

イーサネット(Ethernet)とは

先ほど「MACアドレスはイーサネットアドレスとも言う」と書きましたが、イーサネットでピンと来ない人にとっては驚くほど役に立たない完全な蛇足だったことでしょう。その責任をとってここでざっくりと意味を押さえておきたいと思います。

イーサネットとは、LANケーブルの端子とその差込口のことです!(わかりやすさを重視しているので、厳密に言うと違うという点はご承知おきください)

正確には、パソコンなどの機器をネットワークに有線接続する際の通信規格のことです。インターネットに有線で接続するための標準規格であり、最も広く普及しているのがLANケーブルなので、一般的には上記理解で特に問題はないでしょう。ただ、イーサネットの規格に則ったケーブルは他にもあり、昔からテレビなどでよく使われている同軸ケーブルや、「光回線」でお馴染みの光ファイバーケーブルなども、イーサネットです。イーサネットのうち代表的なものがLANケーブルという理解の方が正確ですね。

参考:イーサネットとLANケーブルは同じ?通信規格とその種類



MACアドレスは1台のパソコンに複数ある

お持ちのパソコンのMACアドレスを調べてみるとわかるのですが、なんと複数出てきます。

イーサネット(LAN)やWiFi(無線)など、通信方式によって、それぞれMACアドレスが割り当てられているのです。

NICの存在を知っている方であれば理解が容易いかと思いますので、わわわIT用語辞典で概要をつかんでください。

とにかく、最初はMACアドレスは複数ある!というのを覚えておいていただければ私のようにびっくりしなくて済みます。

NICとは

MACとかNICとかややこしくなってきたので、NICについても軽く書いておきます。

NICとは、LANケーブルなどの差込口と基盤のセット(パソコンの部品)です。ちなみに、ネットワークインターフェイスカードの略です。

「ネットワークアダプタ」「LANアダプタ」「LANボード」「LANカード」「Ethernetアダプタ」などと呼ぶこともあり、微妙な使い分けもあるようです。このあたりは流派がわかれそうなところです。

MACアドレスとIPアドレスとの違い

IPアドレスの意味を「インターネットにおける住所のようなもの」とざっくり理解されている方の中には、

「え、MACアドレスって、IPアドレスとは何が違うの?

と考える方もいらっしゃることでしょう。

かくいう私もそう思いました。

これに関しても、詳しい説明は上記参考文献に譲りますが、要所だけ抜くと、

  • MACアドレス:どのメーカーのどの機器か、という「次の」送り先の情報
  • IPアドレス:どのネットワークのどの端末か、という「最終的な」送り先の情報

という違いです。MACアドレスは、データが経由する機器毎に書き換えられていきますが、IPアドレスは、最終的に届ける場所を示し続けます。そうすることで、「このデータは最終的にどこどこ(IPアドレス)に届けるために、次はどこどこ(MACアドレス)に送るんだな」という情報を常に把握しながらデータ転送されています。どちらも重要なのです。

また、MACアドレスは「どのメーカの」どの機器か、という割り当て方をしているので、基本的に後から変更できません。IPアドレスは、「どのネットワークの」どの機器か、という割り当て方なので、接続するネットワークが変われば当然IPアドレスも変わりますし、一意に決まっていさえすれば良いので、動的に変更される(=コロコロ変わる)ことが多いです。

はるすと
はるすと

私たちが普段ブラウザからインターネットにアクセスしているときなどは、IPアドレスはコロコロ変わる方が多いみたいですね。

MACアドレスを知らずに恥をかかないためのまとめ

  • MACアドレス(=イーサネットアドレス)とは、ネットワーク機器(厳密に言うとNIC)に固有に一意に与えられる、ネットワーク上の住所のこと。
  • OSのMACとは全くの別物!!
  • MACアドレスは1台のパソコンの中にも複数ある。
  • IPアドレスと似ているのでセットで覚えてあげて。

あんな恥をかくのは私だけで十分だ!

はるすと
はるすと

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ちなみに、OSのMACについて検討されている方はこちらの記事もオススメです。

そもそもOSって?という方はこちら

これからITエンジニアになりたいと思っている方には、王道のキャリアチェンジの仕方を知ってほしいと思います。

画像提供:Free-PhotosによるPixabayからの画像

この記事を書いた人
こもれびエンジニア

自然と自由を愛するエンジニア。2021年1月に、大手製造業設計からプログラマ(Rails, AWS)へ転職。動物や自然との触れ合いや、汗を流すのが好き。

/HSP(繊細さん)/18デリケートな象/ストレングスファインダー(1分析思考/2親密性/3学習欲/4調和性/5収集心)、テニス、合気道、登山、あいだみつを、ジブリ、ワンピース、ドラゴンボール、AWS、Ruby on Rails、アイミング

twitterをフォローして、記事にならないちょっとした豆知識もチェック!
IT用語
スポンサーリンク
SNSでシェア/コメントして、自分のアウトプット/発信力を高めるのにお使いください。 ↓ 各ページへジャンプ ↓
twitterをフォローして、記事にならないちょっとした豆知識もチェック!
スポンサーリンク
「そんなか」サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました