ロードバランサーの「リスナー」とは?「リッスンする」って?一般的にも使うの?【初心者向け】

【初心者向け】 ロードバランサーの 「リスナー」とは? 「リッスンする」って? IT用語
スポンサーリンク

「リスナー とは」みたいな感じでググると、「ラジオの視聴者」みたいな記事ばかり出てきて、なかなかお目当てのIT的な「リスナー」の意味には巡り合えません。

かと言って、「AWS リスナー」とかで検索すると、ELBで設定すべき専門的な「リスナー」が出てきて、一般的にはどういう意味なのか、理解することはできません。

そんな、IT業界で初めて「リスナー」に出会った人が、「リスナー」をざっくり理解するための記事です。

「リスナー(Listener)」とは

リスナーとは、設定したプロトコルとポートを使用して接続リクエストをチェックするプロセス

参考:https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticloadbalancing/latest/application/load-balancer-listeners.html

まさに、リスナーとは「外部からのアクセスを」聞く人

ロードバランサーの受信側の設定で登場する。

「リッスン(Listen)する」とは

だいたい、リスナーでは、プロトコルとポート(またはIPアドレス)の設定をする。このプロトコルでこのポートにアクセスがあったら、そのアクセスはどう処理する(どのサーバーにリダイレクトさせるか、など)ということを決めていく。

つまり、
「プロトコルとポート(またはIPアドレス)を設定する」
あるプロトコルとポート(またはIPアドレス)からのアクセスを受けその後なんらかの処理をしていく

これが「リッスンする」という行為。リスナーが行う処理を「リッスンする」と言うのだから、「リスナー」がわかっていれば難しいことではないみたい。

参考:https://e-words.jp/w/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3.html

「このELBは80番ポートでリッスンしている」

「そのIPアドレスをリッスンできるように設定する」

などと使う。(この例だけだと、アクセス許可に近いが、アクセスできるだけでなくそれを受けた上でどうにかするというニュアンスが含まれる)

ロードバランサーでしか出てこない?

調べたら、そんなことはなかった。

何らかのきっかけに応じて起動されるよう設定されたサブルーチンや関数、メソッドなどのことを「イベントリスナー」という使い方はあるみたい。
参考:https://e-words.jp/w/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC.html

OracleDB(オラクルデータベース)でも、クライアントのリクエストを受け付ける「リスナー」という言葉が出てくる。
参考:https://sql-oracle.com/?p=1664

「リッスンする」という言葉自体も、nginxやApacheなどのwebサーバーでも登場する。(nginxやApacheでは「Listenディレクティブ」がリスナーに該当する。)

いずれも、アクセスやリクエストを受け、どう処理するかに繋げていく役割を果たしている。

感想

なんか、個人的には、例えば「レシーバー(=受信機)」とか「レセプション(=受付)」とかAcceptanceとかとかの方がしっくりくるのになーと思いつつも、この業界では当たり前のように「リスナー」「リッスンする」を使うので、郷に入っては郷に従う。

途中にも書いたが、受けるだけでなく、リダイレクトなど、その後なんらかの処理をしていくというニュアンスが入っていると考えられる。

この記事を書いた人
こもれびエンジニア

自然と自由を愛するエンジニア。2021年1月に、大手製造業設計からプログラマ(Rails, AWS)へ転職。動物や自然との触れ合いや、汗を流すのが好き。

/HSP(繊細さん)/18デリケートな象/ストレングスファインダー(1分析思考/2親密性/3学習欲/4調和性/5収集心)、テニス、合気道、登山、あいだみつを、ジブリ、ワンピース、ドラゴンボール、AWS、Ruby on Rails、アイミング

twitterをフォローして、記事にならないちょっとした豆知識もチェック!
IT用語
スポンサーリンク
SNSでシェア/コメントして、自分のアウトプット/発信力を高めるのにお使いください。 ↓ 各ページへジャンプ ↓
twitterをフォローして、記事にならないちょっとした豆知識もチェック!
スポンサーリンク
「そんなか」サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました